わかりやすいギリシャ神話~読んではいけないパンドラの箱(仮題)~

その昔、古代ギリシャの神様たちは、「人間の世界をめちゃくちゃにしてやろう!」というとても神様とは思えない計画を思いつき、パンドラという名の美少女を人間の世界へ送り込みました。

パンドラは、「どんなことがあっても決して開けてはいけません!」とあれほど注意しておいた秘密の箱を、好奇心に負けて開けてしまいました。

すると、箱の中から、人間にとってよくない全てのもの、「災い」「農作物の不作」「ウイルス」などが飛び出し、世界中にはびこるようになりました。ただし、急いでフタを閉じたので、「希望」だけは箱の中にとどめておくことができました。

こうして、人間の世界は災いに満ち溢れることとなりましたが、それでも人間は希望を持って生きていけるようになりました・・・

これが有名な「パンドラの箱」のストーリーです。(※青い字をクリック:※「美少女」というのが、神々の考えた作戦でした。俗にいうハニートラップで、人類はまんまと罠にひっかかったのです。※「パン」はギリシャ語で「all/全て」、「ドラ」は「present/贈り物」です。すなわち「パンドラ」とは、良い物もわるい物も「全てを盛り込んだ」「神々から人類への贈り物」だったのです。なお、「美の神」アフロディーテ、「泥棒の神」ヘルメスなど「全ての神々が協力して作り上げた贈り物」という意味もあります。

ギリシャ神話にはおもしろい話が多く、様々な文学・映画・アニメ・漫画などのストーリーやキャラクター名に取り入れられています。あなたの好きな作品にも出てくるはずです。ギリシャ神話を知ることで、文芸作品を理解しやすくなり、もっと楽しめるようになるでしょう。

しかし、登場人物が多かったり、聞き慣れないカタカナばかり出てきたりして、とっつきにくいのが玉にキズ。

このサイトでは、ギリシャ神話の主なエピソードを、ブログ形式でわかりやすく説明しています。また、ギリシャ神話以外にも、仕事や生活の役に立つ情報や、何の役にも立たない情報(トリビア)を提供しています。

依頼はこちらをクリック(青い字で表示)

アフロディーテ ウラノス 華麗なる〇〇〇〇~こんな神話があっていいのでしょうか
コロナウイルス パンデミック パンドラ

10月1日〜12月1日

続きを読む

続きを読む

続きを読む

“click to read”

記事(題が「ギリシャの首都アテネ」)

記事「ギリシャの首都アテネ」の説明文

鬼滅の刃 科学以前の時代

10月1日〜12月1日

ボタン「続きを読む」、3個の点、HTMLを編集

「ランディングページの下方 題名」

 ランディングページの下方 本文

block2 block justified, space between

block1 block justified, space between

プラスボタンで追加した段落